介護人材再就職準備金貸与制度について

こんにちは! 福井医療・介護求人センターお役立ち情報編集部です。 福井エリアを中心に医療福祉専門で転職支援サービスを行っております! 転職をお考えの介護職、看護職、保育士、薬剤師などの医療福祉系に関わっている皆様へ、耳より情報をお届けしています!

介護人材再就職準備金貸与制度とは?

介護人材再就職準備金貸与制度とは、一度介護の仕事から離れた人の再就職に必要な準備金を貸し付ける制度です。継続2年以上の従事を行うことで、貸与金の返還が免除されます。

貸付金額について

準備金として貸し付けされる金額は、基本は20万円です。ただし、一部の都道府県では、40万円が準備金として貸し付けされます。これは、特に介護職員の人材確保が難しい地域に限定して、本来20万円の2倍の40万円が貸し付けられることになっていました。

しかし、2020年、新型コロナウイルスの影響拡大により介護の人材確保が必要になったことから、就職準備金が全国一律40万円に引き上げられることになりました。

対象経費について

貸し付けを受けたお金は、再就職するための準備を目的に利用するのが決まりです。

・子どもの預け先を探す際の活動費
・介護に係る軽微な情報収集や学び直しのための講習会参加経費、国家試験の受験手数料または参考図書等の購入費
・靴や訪問介護員等として利用者の居宅を訪問する際に必要となる道具または当該道具を入れる鞄等の被服費
・敷金、礼金または転居費など転居を伴う場合に必要となる費用
・通勤用の自転車またはバイクの購入費  など

福井県の再就職準備金の対象者について

1.福井県内に住民登録をしている者
2.介護職員等としての実務経験が1年以上(雇用期間が通算365日以上かつ介護等の業務に従事した期間が180日以上)有する者
3.介護人材として求められる一定の知識および経験を有する者として次のいずれかに該当する者
 ア.介護福祉士
 イ.実務者研修施設において必要な知識および技能を修得した者
 ウ.介護職員初任者研修を修了した者(介護職員基礎研修、1級課程または2級課程を修了した者も含む)
4.県内の介護事業所または施設に介護職員等として再就職または内定決定をした者で、再就職先の雇用形態が正規職員または労働日数および労働時間が正規職員の3/4以上である者
5.直近の介護職員等としての離職日から、介護職員等として再就職する日までの期間が1年以上あり、その間、県内で介護等の業務に従事していない者
6.直近の介護職員等としての離職日から介護職員等として再就職するまでの間に、あらかじめ、福井県福祉人材センターに届け出を行った者

(社会福祉法人 福井県社会福祉協議会ホームページより)

介護職員の実務経験がある人ならぜひおすすめの制度です。
条件をひとつずつ確認して、漏れのないように申請準備を進めてください。

友だち追加

LINEでキャリアアドバイザーにご相談することもできます! ご相談はこちらから登録を!