【面接のコツ③】よくある質問と回答のポイント

こんにちは! 福井医療・介護求人センターお役立ち情報編集部です。 福井エリアを中心に医療福祉専門で転職支援サービスを行っております! 転職をお考えの介護職、看護職、保育士、薬剤師などの医療福祉系に関わっている皆様へ、耳より情報をお届けしています!

面接には決まった流れがあります。なぜならどの採用担当者も応募者について知りたいことはほとんど同じだからです。今回は自己紹介や転職理由など、面接でよく聞かれる基本的な質問と回答例のポイントをご紹介します。

よく聞かれる5つの質問と回答のポイント

自己紹介、自己PR

回答のポイントは大きく分けて3つあります。
1.目を見てハキハキと話す
2.端的に仕事の実績がわかること
3.応募企業、志望職種で求められているスキル・経験をアピールする
これらを頭に置いて、1~2分で回答します。面接官は自己紹介を通じて、経験やコミュニケーションの取り方、人柄、志望度などを総合的に見ています。長すぎるのはNGです。結論から始め、出来る限り簡潔に回答するのが基本です。

転職理由

ネガティブな印象にならないよう、将来を考えた上での転職ということを伝えましょう。ネガティブな理由で辞めた場合でも、そのことをきっかけに現在はポジティブな将来を考え転職活動を行っているといった回答をしましょう。面接官は、「~が嫌だから辞めた」という理由ではなく、「~を実現したいから辞めた」という退職理由を評価します。

志望動機

志望動機を応えるときには、他社ではなく応募先を希望する理由を説明した上で、どのように貢献していくつもりかを伝えましょう。面接官は志望動機の質問を通じて、あなたのキャリアプラン、応募先への志望度や理解度を見ています。これまでの経験を生かして、その企業だからこそ貢献したいという思いを伝えるのがポイントです。

職務経歴

大切なのは、任された業務内容や役割の中でどのように介在してきたのかを伝えることです。「~を経験してきました」という事実だけでは、面接官の記憶に残りません。どのように行動してきたのかを出来る限り盛り込んで説明するようにしましょう。そうすることで、面接官は求める知識・スキルを持っているかを探れ、自社に合う人物かを判断しやすくなります。

逆質問

面接の最後には「何か質問はありますか?」と問いかけられるのが一般的です。通常、逆質問の内容が選考結果を大きく左右することはありませんが、「特にありません」「大丈夫です」はNGだと考えてください。面接官は質問の有無によって「自社に本当に興味を持っているのか」「自社への入社意志は強いのか」をチェックしている可能性があるからです。

面接でよく聞かれる質問は、ある程度パターンが決まっています。今回紹介したよくある質問と回答のポイントを参考に、しっかりと準備すれば自信を持って面接に臨めるはずです。

友だち追加

LINEでキャリアアドバイザーにご相談することもできます! ご相談はこちらから登録を!