職務経歴書・自己PRの書き方

こんにちは! 福井医療・介護求人センターお役立ち情報編集部です。 福井エリアを中心に医療福祉専門で転職支援サービスを行っております! 転職をお考えの介護職、看護職、保育士、薬剤師などの医療福祉系に関わっている皆様へ、耳より情報をお届けしています!

転職を始める際に必要となる「職務経歴書」と「自己PR」。どんなことを書けばいいのか悩んでいる方も多いと思います。今回は職務経歴書と自己PRの書き方について解説していきます。

 職務経歴書の書き方

〈職務要約〉
経歴をわかりやすく伝えます。100字程度でまとめてみましょう。

〈職務経歴〉
仕事内容は「どこで」「誰に対して」「どんなことをしてきたか」がわかるように記載しましょう。

〈工夫・PRポイント〉
実績・成果を上げる為の工夫などを簡潔に記載しましょう。

〈資格・スキル〉
業務と関連する資格を持っている場合は必ず記載しましょう。

〈自己PR〉
箇条書きの場合は3つほど、文章の場合は5行程度で記載しましょう。

自己PRの書き方

1.キャリアを振り返る
これまでの仕事内容と実績を時系列で書き出してみましょう。「誰に」「何を」「どうしてきた」の要素で書き出してみるのがおすすめです。

2.自分の強みや志望動機を整理する
あいまいな表現では採用担当者の印象に残りません。まず自分の強みや、なぜこの仕事をしたいのか、応募先の企業の何に魅力を感じたのか、などを整理することが大切です。

3.経験を交え、具体的な内容を書く
具体的な経験を交える事で、内容も深くなり、本気度が伝わりやすくなります。

採用担当者の目を意識して書くことが大切です。採用担当者に「入社してほしい」「一緒に働きたい」と感じてもらえるかが重要になります。自分の強みだと思うことを、自信をもって書き、しっかり伝えるようにしましょう。

友だち追加

LINEでキャリアアドバイザーにご相談することもできます! ご相談はこちらから登録を!