退職挨拶のポイントとマナー

こんにちは! 福井医療・介護求人センターお役立ち情報編集部です。 福井エリアを中心に医療福祉専門で転職支援サービスを行っております! 転職をお考えの介護職、看護職、保育士、薬剤師などの医療福祉系に関わっている皆様へ、耳より情報をお届けしています!

退職をする際には、様々な人に向けて挨拶をする必要があります。今回は、退職の挨拶のポイントとマナーをご紹介します。

退職の挨拶のポイント

退職の日付を伝える

退職日をはっきり伝えましょう。当日の場合は「本日付で」とします。

退職理由を長々と話さない

結婚や出産など、おめでたいこと以外の場合は「一身上の都合で退職」としましょう。

感謝の気持ちを伝える

退職の挨拶は「お世話になったお礼・感謝を伝えるためのもの」です。最後は必ず感謝の言葉で締めましょう。

退職の挨拶のマナー

ネガティブな言葉、批判は避ける

退職理由は、必ずしも前向きな内容ばかりでは無いと思います。ただ、ここでネガティブな意見を出すのは厳禁です。仕事を通じて得たものや、周囲への感謝などを述べましょう。

ゆっくり、ハキハキとした口調で話す

みんなの前に立って挨拶をすると、どうしても緊張して早口になりがちです。感謝の気持ちが伝わるように「ゆっくりと話す」「ハキハキと話す」ことを意識しましょう。

簡潔に伝える

退職の挨拶は1分程度で終えるのがベストです。思い出のエピソードがたくさんあったとしても、長々と話すのはよくありません。

退職の挨拶は、お世話になった人に感謝の気持ちを伝えられる最後の機会です。きちんと気持ちを伝えられるように、前日までに挨拶の内容を考えておきましょう。また、悪い印象を残して去るのは、お互いにとって良いことではありません。良い印象を残して辞めることが出来るよう、最後の挨拶は感謝の気持ちをたくさん伝えるようにしましょう。

友だち追加

LINEでキャリアアドバイザーにご相談することもできます! ご相談はこちらから登録を!