転職の失敗例と成功のポイント

こんにちは! 福井医療・介護求人センターお役立ち情報編集部です。 福井エリアを中心に医療福祉専門で転職支援サービスを行っております! 転職をお考えの介護職、看護職、保育士、薬剤師などの医療福祉系に関わっている皆様へ、耳より情報をお届けしています!

転職の失敗事例

・「会社を辞めたい」から転職してしまった
何か嫌なことがあり、そこから逃げたいという気持ちだけで転職を決めてしまうと、転職先でも同じような事を繰り返してしまう可能性があります。現在の仕事が嫌だからという理由だけでなく、新しい環境で何をしたいのかという前向きな動機を考えて行動に移しましょう。

・キャリアビジョンもなく転職してしまった
明確なキャリアビジョンもなく、なんとなく転職したいという理由で行ってしまうと会社選びもそれなりで進めてしまうので、結果的に「仕事が合わない」「やりたい仕事ではなかった」など、失敗の原因に繋がります。

・面接の際に見栄を張り、実力以上に大きく見せてしまった
面接の際は、少しでもいい評価を得たいものです。しかし、見栄をはって実力以上のことをアピールして転職に成功したとしても、入社後に「期待外れ」と評価され、社内での立場が厳しくなってしまう可能性があります。

・雇用条件を確認していなかった
雇用条件をきちんと確認しないで入社すると、「話が違う」ということになりかねません。採用時、企業側には、勤務地や仕事内容、休暇、賃金、退職などの労働条件について明示しなければならない義務があります。この内容をしっかり確認してください。

・イメージで企業を選んでしまった
イメージを優先して、十分なリサーチを行わずに会社を選んでしまうと、就業後にギャップを感じて、後悔することになりやすいです。後悔しないように、十分なリサーチを行いましょう。

成功させるためには

・在職中に転職活動をする

・退職理由、転職の目的を明確にする

・転職先に求める条件と優先順位を決める

・入社後のミスマッチを防ぐ努力をする

転職を成功させるためには、事前にしっかり準備をすることが大切です。

転職失敗するケースのほとんどが「漠然とした転職」です。今の不満から逃れるために転職をするのではなく、転職を通じて何を実現したいのか、どうすれば自分が納得できると思えるのか、それを深く考えた上で、転職活動をしてください。

友だち追加

LINEでキャリアアドバイザーにご相談することもできます! ご相談はこちらから登録を!